病院からのお知らせOshirase

病院からのお知らせ Oshirase

内科外来よりお知らせ

2021年07月21日

8月13日(金)医師都合により、出口医師の診察が休診となります。
8月18日(水)医師都合により、多田医師の診察が鴻谷医師の代診となります。
8月20日(金)医師都合により、下山医師の診察が小瀨川医師の代診となります。

眼科外来よりお知らせ

2021年07月06日

8月10日(火)・11日(水)・12日(木)医師都合により休診となります。

内科外来よりお知らせ

2021年07月02日

7月29日(木)・8月2日(月)医師都合により、西村医師の診察が休診となります。

手作りマスクの配布終了について

2020年05月20日

unnamed

 

 

好評頂いておりました手作りマスクですが

準備させて頂いた数量が全て配布となりましたので

本日をもって終了とさせていただきます。

これからも地域の皆様のお役に立てますよう

心掛けていきますのでよろしくお願いします。

マスクイラスト

 

厚生労働省発表の記事について

2019年10月08日

厚生労働省発表の「2025年の地域医療構想を踏まえた具体的対応方針の再検証要請について」に対する当院の考えを掲載しました。

当院の考え方

 

病院協会ソフトボール大会海南有田地区大会優勝

2019年09月05日

DSC_3158

病院で勤務する多職種の職員が一丸となり、十数年ぶりに優勝することができました。

このチームワークを活かして、今後よりいっそう地域を支える病院として頑張る所存です。

内科医師着任のお知らせ

2018年06月13日

平成30年7月2日(月)より、柳本 立太(やなぎもと りゅうた)先生が副院長として新たに着任します。

外来診療担当は、月曜日と火曜日の予定となっています。

柳本先生は、呼吸器内科を専門とされていますので、慢性閉塞性肺疾患(肺気腫や慢性気管支炎)、気管支喘息、肺炎など、呼吸器疾患全般でお悩みの方は、是非一度、先生の診察を受けていただくことをお勧めします。

第46回医療功労賞

2018年04月16日

長年にわたって地域の医療・福祉に貢献した人を表彰する「第46回医療功労賞」(読売新聞社主催、厚生労働省、日本テレビ放送網後援、損保ジャパン日本興亜協賛)の中央表彰受賞者10名に当院副院長の上野半兵衞先生が選ばれ、3月12日に東京・帝国ホテルで行われた表彰式に出席され、その後、皇居にて天皇皇后両陛下に拝謁されました。

上野副院長は、1982年に当院神経精神科医として赴任して以来、36年間、第一線でご活躍されており、治療だけでなく精神障害者の支援態勢強化にも努めてこられました。

当院では、「精神デイケア室」「精神作業療法室」「グループホーム」等を次々と整備され、先生の理想とされる、医師だけでなく、作業療法士やホームヘルパーが、それぞれの専門領域を飛び越えて連携する「チーム医療」で包括的に患者と関わっていく体制を整えてこられました。

また当院のみならず、各地域でも精力的に活動されており、県内の精神医療の発展にご尽力されています。

この賞を受賞された先生からは、「大変うれしく思う。本来なら今年で定年退職だが、この賞を励みに、元気な間はまだまだ頑張りたい。」と力強いお言葉をいただいております。

11111

 

職場体験学習(中学2年生)

2016年06月22日

職場体験学習
hana
今年も実施しました。中学生の職場体験学習。
東海南中学校から3名、野上中学校から2名の参加。
元気いっぱい、明るくて挨拶やお礼もきちんとできる学生さんたちでした。
学生さんからの感想を少しだけ載せてみます。
・看護師さん全員がどんな時でも笑顔ということがわかった。
・最初は緊張ばかりしてたけど看護師さんたちが声をかけてくれて緊張なんかどこか
にいって楽しいばかりだった。
・手洗いや清潔のことなど多くのことを学べた。
・看護師さんが何をしているのかがわかった。忙しそううだった。
・興奮して夜眠るのが遅くなって実習中体調が悪くなってしまった。看護師さんたちは毎日
忙しくて疲れているのにきちんと働いている。すごいと思った。

などなど・・

・体験してみて看護師とか医療に携わる人になりたいと思う。 とみんなが言ってくれて、
すごく、すごく、すごくうれしかったです。

kangoshi    kansya

kaiken

風疹の予防接種について

2013年06月28日

当院では、風疹の予防接種をおこなっております。
接種希望者は、お住まいの市町村へ申し込んでください。

国保野上厚生総合病院
〒640-1141 和歌山県海草郡紀美野町小畑198