乳房撮影装置

乳房撮影装置

1. マンモグラフィについて
マンモグラフィとは乳房X線検査の事で、少量のX線量で顕著な病変検出能力を持っています。
がんをはじめ乳房にできる病気をほとんど見つけることができます。
しこりとして触れない非常に早期の乳がんの石灰化を写しだせるのが大きな特徴です。
マンモグラフィでは乳房を圧迫板で挟みます。診断能の高い写真を得るためには乳房を均等に圧迫する事が必要です。圧迫撮影する事により、乳腺の重なりを少なくして乳房内部をより観察しやすくします。また被ばくも低減することができます。

2.当院の乳房撮影装置
tibusa01   tibusa02
 東芝メディカル:Mammorex-plus        マンモグラフィ検診施設画像認定書

3.お願い・注意事項
1)妊娠中、または妊娠の可能性のある方は担当技師まで申し出てください。
2)撮影する時期については乳房がはっている時期はさけ、出来れば生理が始まって1週間~10日後ぐらいの間を目安にすることをおすすめします。
3)検査時間は5分から10分です。
4)やや強めに押さえるため痛みを伴うことがありますが、耐え難い痛みや違和感があれば技師にお伝えください。
5)撮影前、パウダー入りの制汗剤の使用は控えてください。
6)撮影中、気分が悪くなる方もいます。我慢せずに技師に申し出てください。

注) その他以下に該当する方は、技師に申し出てください。
・心臓ペースメーカーが埋め込まれている方
・豊胸手術(豊胸パック:シリコン 生理食塩水等)を受けた方
・乳房形成術を受けた方

その他不安なことが有りましたら、遠慮なくお申し付けください。

当院は、日本乳がん検診制度管理中央機構のマンモグラフィ検診施設画像認定を取得しております。マンモグラフィ検診施設画像認定とは日本乳がん検診制度管理中央機構が書類審査、画質評価、線量評価を行い基準を満たしている施設であると認めるものです。撮影技師においても検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師が在中しております。