広報きみの 5月掲載

広報きみの 5月掲載

今月より3回に渡り、リハビリテーション科について紹介させて頂きます。
当院リハビリテーション科では、理学療法、作業療法、言語聴覚療法を行っています。
さて第1回目は、理学療法についてご紹介させて頂きます。
当院に理学療法士は7人所属しています。(現在1名 産休中です。)
理学療法は、関節の動きや筋力といった運動能力を改善するための運動を加え、
起きる・坐る・立つ・歩く等の動作能力の改善を図り、
自宅や職場への復帰を促す役割を担っています。
必要であれば、温熱や電気療法を加えます。
 入院患者様のみならず、外来や訪問リハビリ(紀美野町全域、海南市一部)も行っています。
痛みがあって動かしにくい、力が入らない、関節が曲がりにくいなどのために、
起きにくい、立ちにくい、歩きにくい方々に対して、運動や動作訓練により改善を図り、少しでも援助になればと取り組んでいます。
お身体に気になることなどございましたら、お気軽にご相談下さい。
よろしくお願い致します。
011
国保野上厚生総合病院 リハビリテーション科
電話073-489-2178(代)

写真 後列 前田 知哉、中谷 修三、塩路 鉄也
   前列 鈴木(助手)、新田 訓子、楠本 直樹、松本 拓也 各理学療法士