広報きみの 10月掲載

広報きみの 10月掲載

国保野上厚生総合病院だより

kensa 臨床検査技師という私達の職業をご存じない方もいらっしゃると思います。
臨床検査の仕事は、大きく分けて二つあります。
 一つは検体検査です。患者様の血液や尿などを各種分析装置や顕微鏡などで検査を行い結果報告します。当院にて実施できない検査については、外部の業者に委託しています。そのため結果が判るまで少し時間をいただくことがあります。
私達の健康を守るためには、身体の異常の早期発見・治療が何よりも大切です。
臨床検査技師の大切な役目は、一刻も早く   写真後列左 岡本、 山田責任者、 辻本  正確な検査結果を出して、それを医師に報     前列左 薮下、 小早川        告し、診断・治療に活かしていくことにあります。
 もう一つは、心電図や脳波などを測定する生理機能検査です。人間ドックや健康診断の際に皆様と直接接することのある検査で、患者様が検査を受けるときに、どんな検査をするか説明し、すこしでも緊張が和らぐように心掛けています。
「健康だから大丈夫!」という方も、ぜひ1年に1回健康診断を受けて下さい。「異常なし」という結果も、皆様の身体にとって大切な情報になります。
今後とも、地域の皆様に必要とされるような病院になるようにスタッフ一同努力して参ります。

                        国保野上厚生総合病院 検査室
                        ℡ 073-489-2178(代)