内視鏡センター

内視鏡センターのご紹介・診療対象疾患

内視鏡センターでは、内科、外科の消化器内視鏡専門医が中心となって、消化管(食道・胃・十二指腸・大腸)、肝胆膵疾患の内視鏡診断・治療を行っています。

最新の内視鏡機器を導入し、画像強調観察(NBI)や拡大内視鏡にて、早期がんの診断や早期胃がんに対する内視鏡治療(ESD)を行っています。

その他、大腸ポリープ切除術や消化管出血に対する止血術、食道静脈瘤に対する治療、総胆管結石の診断、治療など様々な内視鏡治療にも対応しております。

また、苦痛の無い内視鏡検査を心掛け、ご希望により鎮静剤の使用を行っております。

内視鏡は検査毎にすべて自動洗浄機を使用し、消化器内視鏡学会洗浄・消毒ガイドラインに則った厳重な感染対策を行っており、安心して検査を受けて頂くことができます。

当院で内視鏡検査または治療をご希望される際は、まずは内科、外科外来を受診し、ご相談ください。