外科

科のご紹介

外科といっても、対象は手術で治療する病気だけではありません。野上厚生総合病院の外科では、広範囲を対象に診療を行っています。
対象は、まず、消化器の病気の診断、治療があげられます。CT、MRIを含めた診察により、胃、大腸、肛門、胆嚢などの病気で必要に応じ手術を行っています。手術後痛みで苦しまないよう特に配慮し、術中・術後の疼痛コントロール目的に背中(硬膜外ルート)からの除痛や、特にそけいヘルニア(脚の付け根の辺りのいわゆる脱腸)や痔の手術の術後疼痛に対しては自分でもコントロールできる痛み止め等の工夫により以前では考えられないくらいに痛みから解放され、使用された患者様に喜んでいただいています。
一方では、上部(食道、胃、十二指腸)、下部(大腸、肛門)および胆道に対する内視鏡などを積極的に行い、ポリープや早期ガンの切除や胆石の除去などの内視鏡を用いた治療を行っています。
また、体表の皮膚腫瘤などの切除、乳がん検診も外科が中心に診察する範囲です。これら以外にも医療の質の向上とともにチーム医療(垣根を越えた医療連携)の推進を行い、緩和医療の充実、および栄養カンファレンスの定期開催、NSTおよびがんサポートチーム活動を積極的に行っています。

診察受付時間

月曜日~金曜日 午前8時30分~午前11時30分
土曜日・日曜日・祝日 休診
備考 急患は上記の限りにありません

診察医担当表

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
第1診察室 休診 医大医師
(非常勤医師)

(非常勤医師)

(非常勤医師)

担当医師紹介

氏名 専門分野 所属学会など
内視鏡室医長 林堂 元紀 消化器外科、一般外科
日本外科学会
日本消化器外科学会
日本肝胆膵外科学会 評議員
臨床外科学会
非常勤医師 岡 統三 消化器外科、内視鏡診療(診断・治療)、乳がん検診
日本外科学会指導医・外科専門医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本消化器外科学会指導医
日本消化器病学会専門医
検診乳腺X線読影認定