診療科・部門のご案内Department

摂食・嚥下療法チーム Sessyoku

摂食・嚥下障害看護認定看護師(濵 卓磨)

口から食べるということは、単に栄養摂取という意味だけではなく「楽しみ」や「生きる活力」になります。しかし、高齢や病気になると、筋力低下などの影響で「食べること・飲み込むこと」がうまくできなくなり、誤嚥を繰り返したり、食欲自体が低下したりすることがあります。
「食べることが難しくなった」「食べたいのに食べられない」という患者様に寄り添い、食べられる方法を検討し、援助していくことを目標に活動を行っています。

 

摂食嚥下委員会

当院では、「食べること・飲み込むこと」が困難になった患者様のサポートをするため多職種でチームを組み活動しています。栄養状態、食事の状態、口の中の衛生状態をチェック・評価し、患者様にあった訓練・食事・食事の際の注意点など情報共有し、関わるスタッフへの指導を行っています。

メンバー

医師:2名

言語聴覚士:2名

作業療法士:2名

管理栄養士:2名

摂食・嚥下障害看護認定看護師:1名

看護師:8名

事務員:1名

活動

当院では、各病棟で飲み込みの悪い患者様に対して、食事場面の観察や検査を行っています。それを基に委員会メンバーで話し合いを行い、食事形態・姿勢や食べ方の検討を行い、患者様が安全に食べられるように日々活動を続けています。

お食事に関するご質問などがありましたらいつでもご相談ください。

 

お問い合わせ窓口

国保野上厚生総合病院 地域連携室

受付時間  月〜金曜日 8:30~17:15(土日祝、年末年始は除く)

TEL  073-489-2245(直通)  FAX  073-488-7478(直通)

国保野上厚生総合病院
〒640-1141 和歌山県海草郡紀美野町小畑198