診療科・部門のご案内Department

看護部 Kangobu

看護部長挨拶

国保野上厚生総合病院看護部は、自治体病院の使命である「住民の生命と健康を守り、地域の健全な発展に貢献する」を常に意識し、医療・介護・福祉と連携を図りながら、患者様のニーズに沿った支援ができるよう、看護実践に努めています。

高齢化率県下第3位の紀美野町にある当院では、認知症ケア・摂食嚥下ケアに対する需要が高く、認定看護師を中心としたチーム医療を活性化させています。看護の関わりで、患者様に小さな奇跡や変化が見られたときの嬉しさは、看護職員のやりがいと誇りに繋がります。

看護にゴールはありません。まだまだ看護部は発展途上です。「考える、看つめる、そして寄り添う」という病院の新理念の下、立ち止まり一歩先を考える看護部、手と目で患者様に寄り添う看護部を目指し、地域の皆様に必要とされる存在となるよう、日々成長していきたいと思っています。

看護部長 清水 多津子

看護部の理念

  • やさしさと信頼

看護部の基本方針

・患者・家族の尊厳と権利を護ります

・医療・介護・福祉と連携し、安心・安全な看護を提供します

・地域住民の健康増進に貢献します

・豊かな人間性と倫理観を持った専門職として自己啓発につとめます

・組織の一員として経営に参加します

・お互いの意見を尊重し、看護への想いを語り合える組織を目指します

看護部教育理念

1.病院の理念・看護部の理念に基づき、看護師として質の高い看護を提供できる看護師を育成する

2.看護師として誇りを持ち、後輩を教育し、自己成長できる看護師を育成する

3.看護師の学習ニード・教育ニードの把握に努め、看護師個々の満足度が充実できる教育の機会を提供する

令和4年度看護部目標

◇摂食・嚥下ケアの充実に向けて体制を強化する

◇0レベルインシデントの報告件数を増やす

◇入院患者のADLを落とさない

◇終末期の支援を充実させる

◇生活の視点をもった看護師として成長し支援にいかす

国保野上厚生総合病院
〒640-1141 和歌山県海草郡紀美野町小畑198