院長挨拶

院長挨拶

当病院は昭和24年現在地に開設され、へき地中核病院として医療、保健、福祉に貢献しています。基本理念は「地域の中核病院として高度な医療を提供する」「いつもやさしく隣人のように接する」です。真の意味で地域住民の方々、患者さんを中心とした地域連携中核病院を目指したいと考えています。地域医療連携の推進は、“医療機関の機能分化・強化と連携”という国の方針に応えるために必須のものです。地域連携病院として機能を発揮していくため、地域連携室の充実と拡大をはかり、医療、介護施設間のスムーズな連携を構築していきます。また、地域包括ケアを見据え、訪問看護、訪問介護、訪問リハビリテーション、精神科デイケアなど在宅医療の推進と在宅での豊かな老後生活の実現を目指していきます。

医師・看護師不足、医療費の高騰など、医療を巡る状況は相変わらず厳しいものですが、当病院の基本理念を常に念頭におき、地域の医療レベル向上のため、更なる努力をしていく所存です。“職場は「ひと」こそすべて”を忘れず、一同明るく努力を続けて参ります。どうぞご支援、ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

院長 栁岡やなおか 公彦きみひこ